サポートQ&A

1 公正証書遺言

 

公正証書遺言原案の作成において取組む姿勢を教えて下さい。 
①日常生活を通常通り送っていただきながら遺言内容を一緒に作って参ります。
(私の方から、ご自宅又はお近くまで伺います。) 
 

②遺言作成に必要な資料の収集はこちらでお引き受けいたします。

 

③公証役場(公証人先生)との事前の打合せは全てこちらで行います。したがいまして、公証役場に行っていただくのは作成時の1回のみで大丈夫です。(一緒に同行いたします。)

もし、公証役場に伺えない事情がある場合は公証役場と別途打合せいたします。

 

④作成だけでなく、将来の遺言執行にも安心感を持っていただけるよう取組むことが大切と考えております。

 

2 遺産分割協議書

 

遺産分割協議書作成の取組む姿勢を教えて下さい。 
①相続人の方が、何から手を付けて良いか分らない場合や必要な資料の収集に時間が取れない場合、適切に遺産分割協議書を完成させた場合において行政書士の役割を通してお仕事させていただきます。

 

②基礎調査の資料収集から遺産分割協議書の作成までお引き受けいたします。

 

③相続人関係図、財産目録も作成してお渡ししております。

 

④農地を始め不動産を複数持っておられる場合や不動産を人に貸している場合、相続人は現況など詳細について存じていないこともあります。可能なかぎり現地確認して報告しております。

また建物が登記されていると思っていたが、未登記建物だったという事もございます。こちらも併せてご報告しています。

 

⑤協議書には、相続人全員が同じ1部の協議書に署名押印する通常の遺産分協議書のほか、相続人各自が各1部に署名押印する遺産分割協議証明書という書式もございます(内容は相続人全員同じもの。)相続に応じて適切な書式で協議書を作成しております。

 

image001

 

Copyright© 2014 ふるさと行政書士事務所 All Rights Reserved.